模擬店・縁日用品店ホクレア
  
投稿者 : renspa 投稿日時: 2011-10-07 (963 ヒット)

電話秘書サービスの進化形 「アントレサポート レンタルオフィス」
大人気につき店舗拡大決定!!
来客対応、商談スペース、メールボックス、法人登記も可能
「個性」と「ホスピタリティー」を生かした今までにない秘書サービス

日本の社会構造に大変革が訪れつつある中、起業志向の人間たちが確実に増加している。とはいえ、実際、
起業にはさまざまな負担がかかることも事実。たとえば資金面だけでも設立当初の会社にとってのハードルは決して低いものとはいえない。そんななか、事務所費用や連絡対応の人件費などを抑えたいという切実な需要に応えるレンタルオフィスが、いま、急成長しているのは当然の傾向かもしれない。

東京渋谷に、洗練されたオフィス環境を展開する株式会社アントレサポートの「アントレオフィス」は、そんなレンタルオフィスの中でも、接客のプロである女性スタッフのきめ細かいサービスで他社との差別化を実現し、着実に業績を上げてきた。その成長の秘密は、女性の持てる力をビジネスのフィールドで積極展開、レンタルオフィス機能にいくつものポイントで優位性を付加したところにある。そんなアントレサポートが、「ビジネスプレイスとしても人気の高い四ツ谷 六番町に新しいオフィスをオープンすることとなった。

(1)四谷駅から徒歩30秒という便利な立地条件
(2)サービスの効率化による低い初期費用
(3)居心地良くオシャレなオフィス空間
(4)温かみ、きめ細やかさを持った迅速で的確な対応(電話秘書)
(5)交流会実施による情報交換の機会提供
(6)完全個室の会議室完備

特に好評なのは(4)の電話秘書。これまでの秘書代行サービスとは一線を画した女性ならではの繊細さ、気づかい、温かみ、また迅速で的確な対応が好評の理由だ。誕生直後といえども企業にはそれぞれのカラーがある。マニュアル対応に加え、その場の流れを把握した上での企業スタッフ同様の対応こそ、利用者にとって他には期待できないユニークなメリットだった。

また、「バーチャルオフィス」も、注目のサービスだ。創業12周年のレンタルオフィス展開の経験と実績から生まれた新たなビジネスだ。バーチャルオフィス事業の成長は常に契約企業との積極的なコミュニケーションで、各企業がどのようなスタッフを欲しているかを把握し、臨機応変な対応をおこなってきたアントレサポートの姿勢があらためて広く認められたものといえる。
きっかけは事業拡大によって「アントレオフィス」から旅立っていった元顧客の声。「アントレオフィス」の    サポート体制を継続利用できないか、という要望だった。ひとつひとつのサービスを通じ、契約企業のイメージ向上を自らの使命としてきたアントレサポート。まさに「プロフェッショナル」プラス「女性の豊かな感性」にもとづいたビジネスで蓄えられたソフト面での高付加価値ノウハウが「バーチャルオフィス」サービスへと進化したのである。
サービス内容は各方面で高評価の電話対応に、来客対応、商談スペース提供、メールボックス提供を組み 合わせ、さらに法人登記も可能。またオプションサービスとしてボイスワープやFAXサービスなども用意されyている。

受付側となるフロントセクレタリーは当然ながら企業勤務の経験者ばかり。さらに全員がきちんと教育受けた、   プロフェッショナル。まさに、ハード的な機能で差別化が難しくなっているなか、ソフト面での高付加価値によりサービス充実を目指そうという時代の流れに適合したビジネスモデルといえるだろう。

株式会社アントレサポート  〒150-0044 東京都渋谷区円山町6番7号  URL:http://www.entre-support.co.jp
担当:久田               TEL:03-5458-4221  FAX:03-5458-4222  E-mail:info@entre-supoort.co.jp


投稿者 : renspa 投稿日時: 2011-09-22 (1177 ヒット)

 渋谷・道玄坂の居酒屋「甘太郎 渋谷道玄坂店」(渋谷区道玄坂2、TEL 03-5469-2902)で9月12日~16日、ランチ時間を利用したビジネススペースとして「ちょこっとオフィス」がオープンする【シブヤ経済新聞】 

http://www.shibukei.com/headline/7976/


投稿者 : renspa 投稿日時: 2011-09-20 (985 ヒット)

ビル賃貸業を運営する丸高産業株式会社(東京都中央区銀座、代表取締役社長:森尾 秀治)では、銀座の格安レンタルオフィス「ベンチャーデスク銀座」にて、東日本大震災で被災に遭われた自治体、企業、個人の方々を対象に「被災地支援キャンペーン」を開始しました。

ベンチャーデスク銀座では、福島県・岩手県・宮城県の被災地を対象に、フリーデスク1契約で3席まで利用できる「被災地支援キャンペーン」を用意しました。同時に3席まで利用できるのでグループ作業をおこなうこともできます。なお、本被災地支援キャンペーンは、既にいわき市の企業へ適用を開始しており、ご要望に応じてその他被災地の企業、個人の方々へも支援の輪を広げて行きます。
被災者支援キャンペーン ページ
http://www.ginza-vd.com/news/2011/09/news150.php


軒先新聞内検索

問合せ・掲載依頼・シェア

★お問合せ・掲載依頼(無料)  ☆このページをシェアする。
★日刊【移動販売】        ★日刊【手作り市】       更新時にメールで連絡します。     過去記事(アーカイブ有り)

メインメニュー

 

work

FXの説明




 

 

  

移動販売車の出店依頼・お見積りお問合せください。(都道府県別に業者検索)